WEB予約

予約・乗船時の注意点

法令順守

  • 喫煙されるお客様(船内禁煙)

    各ターミナル・客室・公共スペースは全て禁煙です。煙の出ない電子タバコやアイコス等も含め、各フロアの指定の喫煙場所をご利用ください。

    ※船舶内の禁煙区画での喫煙(海上運送法施行規則第二十三条の十四)は、海上運送法第二十三条の二により禁止されております。この規定に違反した場合は、三十万円以下の罰金(同法第五十三条)が科せられます。
    また、禁煙区画での喫煙が発覚した場合には、客室の脱臭・クリーンアップ費用2万円の他、その他損害費用(利用できない期間の施設使用料)をご負担いただきます。

  • 危険物および銃砲類の持込禁止について

    ガソリン、アセチレン、エアゾール、ガスボンベ等、危険物を船内に持ち込むことはできません。
    危険物船舶運送及び貯蔵規則に基づき、旅客船内に持ち込むことが禁じられている危険物について、車輌に積載した状態または手荷物として客室区画に持ち込むことはできません。
    運送約款第2章に基づき、猟銃や空気銃など銃砲類及び刀剣について船内に持ち込むことはできません。
    ご乗船の際に、危険物や銃砲類の持ち込みが判明した場合は、運送約款第2章に基づき運送契約を解除させていただく場合がございます。
    安全運航のため、ご理解とご協力をお願いします。

  • 飲酒運転禁止について

    酒気帯び状態での車輌・バイクの運転・乗下船はできません。

お手伝いが必要なお客様

  • お手伝いが必要なお客様

    乗下船のお手伝いをご希望のお客様は弊社予約センターまでお問い合わせください。
    なお、弊社係員及び乗組員は、お食事・お手洗い・ご入浴等の介助及び医療サービスの提供、特定のお客様への常時対応はできません。
    介助が必要なお客さまは、付添の方の同伴をお願いいたします。
    付添の方には、のりば内・乗船時・航海中・下船時における介護や援助、及び緊急時の誘導・援助などをお願いする場合があります。
    併せて、出入港時、混雑時、運航上支障がある場合等、ご対応にお時間をいただく場合がございます。

  • 歩行が不自由なお客様

    ターミナル及び船内には貸出用の車いすをご準備しております。
    ターミナル内はバリアフリーのため、車椅子のままフェリーにご乗船いただけます。(エレベーター・スロープ・多目的トイレ設置)
    ただし、船内のエコノミーを除く各船室は完全なバリアフリー対応ではございません。
    車いすでの入室を考慮したドア幅の広い船室はありますが、船室内の段差等、移動が困難な箇所もございますので、付添人の方とご乗船いただくことをおすすめしております。
    なお、車いすご利用の際には持参・貸出いずれの場合もお申し出ください。
    併せて、無料送迎バスをご利用の場合は、ご乗船日の1週間前までに新門司港支店にご連絡ください。
    直近のご連絡の場合、車椅子対応の送迎バスをご準備出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

    バリアフリー設備について

    new フェリーきょうと・フェリーふくおか

    • コンフォート(船室名:F01・F02)

    • バリアフリートイレ(シャワー設備あり・オストメイト対応)

    フェリーおおさかⅡ・フェリーきたきゅうしゅうⅡ

    • エコノミー(船室名:C01・C02)

    • 多目的トイレ(シャワー設備あり・オストメイト対応)

  • 目や耳・ことばの不自由なお客様

    緊急時は、係員がメモ帳・ペン・避難誘導用プレートを持って居室に赴き、鍵でお部屋を開け、避難誘導します。

  • 食物アレルギーのあるお客様

    船内レストランはバイキング形式のため、アレルギー対応食のご準備はありません。
    また、メニューは日替わりのため、事前のメニューのお問い合わせにはお答えいたしかねます。
    お食事の成分表はご準備しておりますので、船内レストラン係員にお尋ねください。

  • 身体障害者補助犬をお連れのお客様

    盲導犬・聴導犬・介助犬と同伴希望をされるお客さまは船内に無料でお連れいただけます。補助犬同伴を希望されるお客さまは、ご予約時にお申しつけください。
    なお、ご乗船の際は盲導犬のハーネス(白色または黄色の盲導犬用胴輪)や胴着等についている『介助犬』『聴導犬』の表示、障がい者補助犬認定証等を確認させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • 病気やけがをされているお客様

    感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律による、一類、二類、新型インフルエンザ等感染症若しくは指定感染症の患者又は、新感染症の所見がある方はご乗船いただけません。

    ※運送約款(旅客輸送の部第2章運送の引き受け第3条2参照)

    次の何れかに該当する場合は診断書をご提出ください。

    • 学校保健安全法に定められた感染症の出席停止期間中に該当する方
      ※医師により感染のおそれがないと認められた場合にはこの限りではありません。
    • 薬品中毒者その他ほかの乗船者の迷惑のおそれのある方
    • 重病傷者で付添人のない方
    • 年齢・健康上その他の理由によって生命が危険にさらされ、又は健康が著しく損なわれるおそれのある方

    当社船舶は長時間航海するため、予期せぬ事態の発生も考えられます。常備薬等は必ず携帯をお願いします。
    医師や看護師は乗船しておりませんので、ご予約をお受けした場合でも、状況により、お客さまの安全が確保出来ないと当社が判断した場合には、ご乗船をお断りする場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • 医療用酸素ボンベ等の医療機器をご利用のお客様

    お持ち込みいただけますが、船長の許可が必要なため、ご予約の際に必ずお申し出ください。
    なお、お持ち込みはおひとり2本までです。

妊娠中のお客様

  • 妊娠中のお客様

    ご予約の際に、妊娠されている旨を必ずお申し出ください。
    安全を第一に考慮し、出産予定日の28日前(出産予定日を含む)を迎えられた方のご乗船はご遠慮いただいております。
    ご予約をいただいておりましても、お客様の安全が確保できないと船長が判断した場合には、ご乗船をお断りする場合もございますので、予めご了承ください。

    なお、出産予定日より29日以上前のお客様は、旅行前にフェリー乗船が可能か、また適しているかどうか主治医にご相談のうえ、「診断書」のご提出をお願いします。
    「診断書」は、「お客様がフェリーに乗船するにあたり、健康上支障がない」という旨、医師が明記したものとします。
    「診断書」はご乗船当日、各ターミナル1階受付カウンターにて、ご提出ください。

車輌について

  • 乗用車でご乗船のお客様

    車輌乗船には車検証の提示が必要となりますので、当日忘れずにご持参ください。

  • 車高の低い車輌でご乗船のお客様

    ご予約の際に、車高の低い車輌でご乗船される旨をお申し出ください。
    乗船の際には同意書の提出が必要となりますので、出航60分前までに各ターミナル1階受付カウンターまでお越しください。
    なお、ご乗船をご希望の場合は、以下の諸条件を必ずご確認ください。

    • 極端に車高の低い場合は、乗船をお断りさせていただく場合がございます。
    • お車の積込み場所が限られているため、乗下船のご案内が前後する場合やお時間が掛かる可能性がございます。
    • 乗下船時、バンパー下部や車輌底部を接触する恐れがあります。
    • 車輌が損傷した場合も一切の責任は負いかねますので、予めご了承ください。接触の可能性は、気象状況(潮の干満等)により、変わる場合がございます。

    「同意書(低床車輌)」は以下よりダウンロードしていただくか、受付カウンタ―にお申し出ください。

    ※ご乗船当日、車輌の確認の際に弊社が車高の低い車輌と判断する場合もございますので、予めご了承ください。

  • 電気自動車充電設備をご利用のお客様

    駐車スペースの関係上、必ずご予約をお願いします。
    電話予約の場合は、ご予約の際にお申し出ください。
    インターネット予約の場合は、車輌情報の入力時に「電気自動車充電設備利用」をご選択ください。
    なお、乗用車の駐車スペースの関係上、出航の90分前までにお越しください。
    積み込みのスペースの関係上、お時間までにお越しいただけない場合は、充電ができない可能性がございます。

  • 車輌甲板の施錠と開放について

    出航後は保安のため、車輌甲板への出入り口をすべて閉鎖いたしますので、船内で必要な物は船室へお持ち上がりください。
    また、翌朝到着後も、車輌甲板への扉・エレベータは車止めの撤去作業及び安全確認が完了次第、開放いたします。

ペットをお連れのお客様

  • ペットをお連れのお客様

    弊社にはペットルームの設備はございませんので、お車でご乗船のお客様に限り、ペットをお車の中に残しての状態であれば、ご乗船いただけます。
    ご希望のお客様には同意書をご記入いただきますので、各便出航の90分前までに各ターミナル1階受付カウンターまでお越しください。

    • お車の積込み場所が限られているため、船内へのご案内が前後する可能性がございます。
    • 航海中は、保安上の観点から車輌甲板への立入は禁止です。様子を見に行ったり、給餌、トイレ等を行ったりはできません。
    • ペットの死亡、傷病、体調不良、その他の異変について、弊社では一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

    「同意書(ペット乗船)」は以下よりダウンロードしていただくか、受付カウンタ―にお申し出ください。